« フレームのデコレーション | トップページ | 楽器を作ろう!ママと一緒にアート制作 »

2007年2月12日 (月)

がんばれ図工の時間フォーラム

11日の土曜日に日本科学未来館へ「がんばれ!図工の時間フォーラム」に行ってきました。
義務教育期間(小学校・中学校)の図工の時間が削減方向にあるということで、アーティストや研究者が中心となって図工の魅力を一般の方々に伝える広報活動を行っているそうです。
実行委員長に東京藝術大学大学院教授の藤幡正樹氏、実行委員会に東京藝術大学大学院教授の佐藤雅彦氏(ピタゴラスイッチ・団子3兄弟を作った人)、同志社女子大学教授の上田信行氏、NPO芸術家と子供たち代表の堤 康彦氏というメンバーです。
ほかフェローとして以下の方々

東京藝術大学学長 宮田亮平氏
東京大学大学院情報学環教授 原島 博氏
青山学院大学教授 東京大学名誉教授 佐伯 
 
東京大学特任教授・東京大学知財マネジメントスクール校長役 妹尾 健一郎氏
宮城教育大学助教授 村上タカシ氏
早稲田大学教授 古谷誠章氏
東京大学助教授 山内祐平氏
東京大学助教授 中原淳氏
多摩美術大学助教授 植村朋弘氏
金沢大学助教授 鷲山 靖氏
金沢市立長田小学校教諭 福田満佐子氏

実際、図工の時間は保護者からは期待されていない教科なのだそうです。
事実、「学校教育で身につける必要性が高い能力・態度で<音楽・美術・など芸術面の能力や情操分野>をとても高い」とした保護者は、わずか22.9%という結果がでているそうです。

その結果にも驚きましたが、もうひとつ驚いたことがあります。

図工科の専任教師がいるのは、東京都と金沢市と神戸市だけなのだそうです。
私は東京育ちですので小学校には図工の先生がいるのが普通だと思っていましたが、この3都市以外の公立小・中学校は専科の先生ではなく担任が教えているのだそうです。

次回に続く

« フレームのデコレーション | トップページ | 楽器を作ろう!ママと一緒にアート制作 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ図工の時間フォーラム:

« フレームのデコレーション | トップページ | 楽器を作ろう!ママと一緒にアート制作 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ