« 花火をデザインしたよ | トップページ | 見えないものを描く »

2007年9月21日 (金)

無駄なものが結構重要だったりします

トライアルでお越しくださるお母様に言われたことがあります。

自由に作って良いんですねと・・・

意味が分からなかったのですが、どうも自由に作れないところが多いそうなのです。

カリキュラムがきっちりと決められ、材料も皆同じ、結局はお教室から与えられた素材しか使えず、ただ与えられたものを指示通りに作ることで終わってしまうのだそうです。

カルチャーっぽいのかな?と感じました。

本来は自由に思いのままに作るのがいいのでしょうが、お教室ではそれはなかなか難しいのかもしれません。

材料を選ぶところから自由にやるということは、無駄が出るからなんですね。

もともとアートを作り上げるということは無駄が多いことなのです。

でもそれを多くの生徒さんを抱えるお教室では、大きなロスとなってしまうのですね。

それとも、目指すものが違うのでしょうか?

無駄の中からこそ良いものができると思うのですが・・・

Banner1

クチコミblogランキング TREview

« 花火をデザインしたよ | トップページ | 見えないものを描く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

無駄の中からこそ良いもの・・よく分かります!
今は、無駄なことを嫌って効率化を図る時代です。
だから初めに大人が準備した「完璧」な材料から
そこそこ自由に作ってもらえばいいでしょうし、
(すでに大人の作為がありますね^-^)
子供も、決めてもらわないとできなくなってしまっている。

赤ちゃんの頃から、おもちゃをたくさん買ってもらい、あきたら次。
我が家はおもちゃを買うこともなかったので。周りにに転がっているものがすべておもちゃになっていました。
時には危険な時もありますが、大人が想像しないモノで
遊んでいたりして感心したりして。

長くなってすみません。

こんにちは。コメントありがとうございます。


決まりきったものからでも子供の創造は計り知れないものがありますね。
こちらの意図とは違ったものを作り上げたり、「そういう発想もあったのか」と気づかされることは本当に沢山あります。
特に小さい頃は勉強も遊びも無駄はないと思います。
効率をよくするために削られる様々なことにも大事な何かがあるんですよね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無駄なものが結構重要だったりします:

« 花火をデザインしたよ | トップページ | 見えないものを描く »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ