« Glass Appeal 2011展に行ってきました | トップページ | バラ図鑑 »

2011年5月23日 (月)

ヤマシタリョウ・コンテンポラリーThe spectacles展

5月22日日曜日は眼鏡作家でコンテンポラリーアーティストのヤマシタリョウさんの個展へおじゃましました。
Dsc_0022
ヤマシタリョウさんとは先日恵比寿のギャラリーART STATEMENTS 恵比寿で行われた南條俊輔フランソワさんの個展のオープニングパーティでご一緒させていただきました。
今回は等々力にある画廊、Space Sでヤマシタリョウ・コンテンポラリーThe spectacles展の開催です。
フレーム部分が鉄でテンプルの部分が竹で出来ている実用性のある眼鏡も拝見することができました。
特にテンプルの部分の仕事は素晴らしいと感じました。
竹を削り熱を加えてひねっています。
発想はアーティスト、仕事は熟練の職人です。繊細な手仕事にうっとりしました。
コンテンポラリーアーティストとしてのお顔は、山王山円如寺金剛力士像飾「阿鏡・吽鏡」を始めとする作品ですね。
展覧会ご案内はがきのお写真がそれです。
今後色々な像に眼鏡をかけるアートプロジェクトを企画中とのことで大変楽しみです。

実用の眼鏡では、オーストリア大公妃やダニエル・オスト氏(ベルギー王室フラワーデザイナー)などヨーロッパの著名人に愛用されているそうです。
近々映画でヤマシタさんの作品が見ることができますよ。
この夏公開の三池監督の実写版「忍たま乱太郎」で使われている眼鏡はヤマシタさんの作品です。
展覧会場で本物を見ることができました。
眼鏡のオートクチュール・・・
私もメガネっこなので、いつかはヤマシタさんの眼鏡をかけられるようになりたいと思います。

会期は5月22日までとなっております。

« Glass Appeal 2011展に行ってきました | トップページ | バラ図鑑 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマシタリョウ・コンテンポラリーThe spectacles展:

« Glass Appeal 2011展に行ってきました | トップページ | バラ図鑑 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ